なぜかスケジュール通りに仕事が進まない

なぜかスケジュール通りに仕事が進まない仕事

スケジュール通りに仕事をすすめるには

1か月のスケジュールを立てよう

仕事と家庭の両立で最も頭を悩ませるのがスケジュール管理です。

 

子供が小さい頃は、突発的な休みや早退がどうしても増えてしまいます。

 

それ以外にも保育参観や運動会といった親の参加が必要な行事もあります。

 

「限られた時間の中で、スケジュール通りに仕事を進めたい。」

 

そのためには1日単位で目の前 の仕事をするのではなく、もう少し術酸的に仕事の流れを把握することが必要です。

 

まず1か月のスケジュールをチェックしましょう。

 

最初にどうしても外せない重要な会議や締め切りや書類提出期限などの優先順位の高 いものをスケジュールに書き込んでいきます。

 

自分の中の締め切りをつくる

1月のスケジュールを書き込んだら、今度は自分の中の締め切りをつくっていきましょう。

 

例えば締め切りが5日なら自分の中の締め切りは8日にしよう、といった具合です。

 

特に注意したいのが、週明け祝日明けの締め切りです。自宅でできない業務の場合、週末に子供が風邪をひいて月曜日に休んでしまうと、その時点で締め切りに間に合わなくなってしまいます。

 

月曜日が締め切りなら、2営業日前の木曜日頃を自分の締め切りとして設定しておくと安心でしょう。

 

日付だけで考えると、休日や祝日などを見落としてしまうととがあるので、カレンダーを見ながらスケジュールを立てるととがポイントです

仕事と家庭のスケジュール管理を一元化

1か月のスケジュールを記入する時に、プライベートのスケジュール(保育園や学校の行事など)も同時に書き込んでいきましょう。

 

仕事のスケジュールは会社のシステムで利用しているカレンダーで、家庭は手帳で……というように、バラバラに管理しているケー スもあるかもしれません。

 

しかし、スケジュールをひとつにまとめて管理していないと、子供が熱を出して急にお休みすることになってしまった時に、自分の仕事のスケジュールが把握できず、仕事の引き継ぎの依頼が的確にできないといった問題が出てきます。

 

会議中に上司にスケジュールを聞かれて0Kしてしまったら、実はその日は子供の保育参観の日だった! といらうようなヒヤヒヤする事態も起こりやすくなります。

便利なオンラインカレンダー

おすすめは夫婦で家族のスケジュールを共有できるオンラインカレンダーです。
Google カレンダーを利用していて、家族のスケジュールを夫婦で共有しています。

 

カレンダーはメンバーどとに色分けするととができるので、どの予定が誰のものかすぐにわかります。

 

子供たちのスケジュールはどんどんわたしが入力していき、パパに出張などの予定が入った時は、「カレンダーに入れておいてね」と伝えておけば、自分で同じ予定を再度書き込まなくてもカレンダーをチェックするだけでよいため、大変便利です。

決まったら早めに休暇の申請をする

保育園や学校のイベントで会社に休暇を申請する場合は、日程が決まった時点で、「月日は子供の保育参観があるのでお休みをいただいてもよろしいでしょうか?」と早めに上司に相談しましょう。

 

仕事と保育園の往復でバタバタ毎日を過どしていると、「明日は保育参観の日なのに、伝えるのを忘れてしまった!」と冷や汗をかくことになってしまいます。

パパの協力ポイント
ママの重要な仕事の日や子供たちのスケジュールを共有することで、パパも事前に日程を確認でき、協力しやすくなります。面倒くさがらずに家族でスケジュールを共有する仕組みづくりをしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました