産休や育休だけじゃない 妊婦さんを守る法律

産休や育休だけじゃない 妊婦さんを守る法律仕事

つわりがひどくて会社にいけない

妊娠中の女性は、日々体調が変化します。

 

激しいつわりや妊娠中毒症などの症状が出た場合は、通常通りに通動·勤務することさえも難しくなってしまいます。

 

 

普段簡単に出来ていたことを出来なくなる辛さは妊娠を経験した人ならよくわかると思います。

 

この様な辛い部分もある妊娠期間中も女性が安心して働けるように、様々な法律があります。

例としては企業は医師から指導を受けた場合に、母体の健康を管理するために次の様な措置を取ることが義務づけられています。

  • 妊娠中の通勤緩和
  • 妊娠中の休憩に関する措置
  • 妊娠中または出産後の症状等に対応する措置

特に満員電車の通勤や長時間の立ち仕事は母体へ大きな負担がかかります。

  • ラッシュアワーを避ける
  • 休憩時間を増やす

等々ちょっとした対応でも体はず いぶんと楽になりますので、体調の異変を感じたら早めに会社へ相談してください。

無理せず医師に相談して乗り越える

通勤や勤務内容がつらいと感じたら、まず医師に相談して診断を受けましょう。

 

会社に産業医が常駐している場合は、産業医の面談を利用するのがおすすめです。

 

勤務内容や症状をみて、必要な対策(勤務時間の変更、体に負担の多い業務の制限など)について直属の上司に直接連絡してもらうととが出来ます。

 

 

病院の医師の診断を受ける時は、

 

「通勤中、満員電車で気持ち悪くなってしまい、貧血で立てなくなってしまった」
「営業で外回りの際にいつもお腹が張ってしまう」

 

といったように、具体的な症状を説明することで、担当のお医者さんも判断がかしやすくなります。

 

指導を受けた内容は会社に提出するため、診断書や母性健康管理指導事項連絡カードに忘れずに記入してもらいましょう。

 

母子手帳に様式が記載されています。

 

また厚生労働省のホームページからダウンロードするととも可能です。

 

上司に相談する時は
「医師からとのような指導を受けたので、対応を検討していただけないでしょうか?」
とお願いしてみるといいと思います。

 

通勤ができなくなってしまったら……

通常の動務が難しいほどのつわりや重度の妊娠中毒症になってしまった場合は、一定期間のお休みが必要となるので注意しましょう。

 

妊娠中に活用したい制度

妊娠中に活用したい制度としてはいろいろありますが、会社の制度によって必ずしもあるとは限りませんが一般的に多いものを記載していきますので参考にして下さい。

通勤時間の緩和

  • 始業時間およびr就業時間に30~60 分程度の時差を設ける
  • フレックスタイム制度があれば適用する
  • 混雑の少ない通勤経路~の変更
  • 休憩内容の変更
  • 休憩時間の延長
  • 休憩回数の増加
  • 休憩時間帯の変更
  • 1日30~60分程度の勤務時間の短縮

作業の制限

  • 重量物を取り极う作業
  • 外勤等連続的歩行を強制される作業
  • 常時、全身の運動t伴う作業
  • 頻繁に階段の昇降を伴う作業
  • 腹部を圧迫するなど不自然な资勢を強制される作業
  • 全身の振動を伴う作業等

会社(人事部・上司・產業保険スタッフ等)と相談しながら妊娠中の働き方を決めていった方がいいと思います。

 

実際につわりのひどい時期に1か月間休む切迫流産の危険性から会社はずっとお休みして、そのまま産休に入る等々としっかりとお休みを取ることで無事出産に至ったことも見てきました。

体調がよくない時は無理をしないで、体と胎児を一番に考えて休んだ方がいいでしょう。

産休に入る前に利用できるお休みとしては、「つわり休暇」や「傷病休暇」などがありますので上手に利用してデリケートな時期を乗り越えましょう。

【うわり休暇】
妊娠中のつわりがひどい場合に取得できます
〈期間〉定めはありません
〈賃金〉支払いの義務はありませんので注意!

【傷病休暇】
病気やけがで連続して4日以上休む場合、会社に在籍しながら一定期間の勤務を免除できます。つわりや切迫早産で出勤できない場合も対象になります。

〈期間〉働けなくなってから4日目~最長1年6か月間
〈賃金〉標準報日額の3分の2に相当する額を健康保険から支給されます。

妊婦健診はいつ受けたらいい

妊娠中の妊婦健診は会社に申請することで、勤務時間内に健診を受けてもいいことになっています。

受診の回数は妊娠の週数によって次の様にに決まっています。

ただし医師から異なる指示があった場合はそれに従うことになります。

妊娠2週まで …4週間に1回
妊娠24週~5週……2週間に1回
妊娠0週~出産まで……1週間に1回

健診の時間を有給とするか、無給とするかは会社の規定によって異なるため、就業規則や人事の担当者に確認してみましょう。

とは言えこのような制度があっても、仕事が忙しい時などはお休みを取ることが難しい方も多いのではないでしょうか。そういう場合は土日の健診やネットで混雑状況を確認できるシステムを導入している産婦人科に通院するのがおすすめです!

 

仕事内容や時間を少し変えるだけでも負担は楽に

妊娠期間中に研修を運営する部署で働いていた時、受付のための早朝出勤や研修会場の準備で机を配置する作業などが辛かったことを覚えています。

 

毎朝子供を保育園に連れていき、そのまま満員電車で通勤するだけでも大変通勤電車の中で貧血とひどいお腹の張りで立っていられなくなり、途中下車することもありました。

 

出社時にいつも「顔色が悪いけれど、大丈夫?」と声をかけてもらっていたことを思い出します。

 

一緒に働いている方たちが優しく対応してくださってとても助けられましたが、産休に入る1か月前にはどうしても満員電車の通勤が厳しくなり、産業医の先生から早朝出動のストップがかかりました。

 

朝の受付担当を代わってもらわなくてはいけなくなり、とても申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、通常通りの出動時間に戻してもらうことで、体がかなり楽になったことを覚えています。

 

産休や育休で迷惑をかけてしまうのだから、せめて妊娠中はなるべく迷惑をかけたくないという気持ちからつい我慢してしまいがちですが、無理をすると症状が悪化してしまいますので感謝の気持ちを忘れることなくありがたく休ませていただいた方がいいと思います。

パパの協力ポイント
体が思うようにならない妊娠中はパパには家事を積極的に担当してもらったり、お兄ちゃん·お姉ちゃんがいる場合は、たくさん遊んでもらいましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました