バイアグラを購入する男性

バイアグラのジェネリックは国内製?海外製?

バイアグラを入手するには病院で処方してもらったり個人で購入する方法がありますが、その中でも費用負担を少しでも軽減するためにジェネリックを選択する方が増えています。
バイアグラのジェネリックの代表とも言えるカマグラはインドのムンバイに拠点を置く製薬会社が製造、販売した商品で日本国内向けにはカマグラゴールドという名称でインターネット通販などで販売されています。
一般的な錠剤だけではなくフルーツ味のフレーバーがついたシロップやゼリー状になったものなど飲みやすい工夫のされたタイプもあり人気商品となりました。
これらのジェネリック品はクリニックなどで処方されたバイアグラと比較して安価に購入できる事から夜のお悩みを解決できる決定的な手段として爆発的に普及しました。
日本国内では先発薬であるバイアグラの特許を持つアメリカのファイザー社が日本法人のファイザー製薬を設立し、日本国内におけるバイアグラの製造、販売を独占的に行える権利を保有していたため長きにわたってジェネリックが販売できませんでした。
そのため、少しでもリーズナブルな費用でバイアグラのジェネリックを服用したい場合はユーザー自ら個人輸入をしたり個人輸入代行業者に依頼して海外製のジェネリックの購入を選択するしかありませんでした。
しかし、2014年にファイザー製薬が保有していた特許の保護期限が切れたことから情勢が大きく変化し日本国内でもバイアグラのジェネリックの製造、販売やクリニックでの処方が可能となりました。
それを期に日本の製薬会社もバイアグラの製造、販売に次々と参入し、バイアグラを服用したいユーザーにとっては選択肢が大きく広がりました。
その中でも東和製薬が製造しているバイアグラのジェネリックであるシルデナフィル錠トーワは、水なしで飲めるOD錠となっているのに加えて半分に割って服用したい方のために割りやすくなるように錠剤の中央に線が加工されていたりします。
レモン風味味とコーヒー風味味が用意されているなど日本の製薬会社らしい創意工夫が盛り込まれています。

海外製のバイアグラジェネリックは安いのが特徴

バイアグラのジェネリック医薬品にはトーワのように日本国内で製造されたものと、カマグラのように海外で製造されたものがあります。
カマグラには錠剤タイプの他にもチュアブルタイプやゼリータイプ、発泡錠タイプなど様々なものが存在します。
通販サイトを利用すれば、錠剤タイプのカマグラゴールドを個人輸入できます。錠剤タイプにはカマグラとカマグラゴールドがあります。
前者はインド国内で流通する製品の名称で後者は海外輸出用製品の名称です。成分などは基本的に同一とされています。
バイアグラのジェネリック医薬品は、日本国内で製造されたものよりも海外製のものの方が価格が安いのが特徴です。
海外製のジェネリック医薬品は、主にインドの製薬会社がインド政府の許可を受けて製造・販売しています。
安全性が優れており価格も安いため日本でも人気があります。
インドでは製法特許が認められていますが、成分特許は認められていません。製法を変更すればシルデナフィル錠を自由に製造できます。
ジェネリック医薬品は開発費がかかっておらず、インドは製造費も安いため非常に安価です。
日本国内では25mgと50mgのバイアグラが承認されています。100mgの錠剤も存在しますが、日本国内では未承認です。
通販サイトを利用すれば、インド製ジェネリック医薬品だけでなく100mgのバイアグラも安く個人輸入できます。
病院でバイアグラをトーワなどに処方してもらうよりも、個人輸入を行なった方が費用が安くなります。
海外からの未承認の医薬品を輸入・販売することは、基本的に法律で禁止されています。ただし個人使用を目的とした輸入は合法です。
また通販サイトによる個人輸入手続の代行も合法とされており、安心して注文できます。

関連記事