バイアグラを購入する男性

インド製のレビトラジェネリックの効果は期待できる?

インド製のレビトラジェネリックにはいくつか種類があり、世界中の人が利用しています。
例えばビリトラやサビトラ・バリフなどがあり、レビトラと同じ効果を発揮することが可能です。
男性の勃起不全を改善することができ、ED治療薬として色々なメーカーが製造・販売していて日本でも人気の高い製品がいくつかあります。
最大の特徴はその即効性にあり、有効成分のバルデナフィルが水に溶けやすい性質なので身体の中で素早く溶けて効き目を発揮することが可能です。
その日の体調によって個人差がありますが、15分~20分ぐらいで効き目が現れる人もいるでしょう。
早い効き目を必要とするならレビトラのジェネリック医薬品はおすすめです。
効き目の持続性も長く、最大10時間でかなり長期間効果を発揮することができます。
ED治療薬の効き目の切れを心配する必要がないので安心して集中することが可能です。
他のED治療薬と同じくホスホジエステラーゼ5(PDE-5)を阻止することができ、勃起を抑制する酵素のPDE-5を阻害することにより男性が興奮時に分泌する血管拡張物質であるサイクリックGMPの分解を予防することができます。
サイクリックGMPは活発な働きを行うことで血管が拡がったり、血流不足を改善することができるので力強く勃起することができるようになる仕組みです。
他のED治療薬と同じく血管拡張作用のみになるので、服用したからといってすぐに勃起することはなく性的な刺激や興奮などがあることによって初めて勃起させることが可能になります。
インドの製薬会社には日本人が監修に一部入っているメーカーもあるので日本人の体質などにあった商品をリリースしていて、錠剤シートにはミシン目が入っていたり1錠ずつ持ち運ぶのにも便利です。
正規品の中には偽物が混ざっていることがあったり、添加物が含まれているものもあるので信用することができる店舗で購入することをおすすめします。

海外製のレビトラジェネリックは危険?

バリフやビリトラ・サビトラなどインド製のレビトラジェネリックはさまざまあります。
レビトラ同様に有効成分バルデナフィルが入っているため同じ効果効能を得ることができます。
とはいえ、これらの薬は日本国内では出回っていません。
なぜなら、インドのジェネリック医薬品は正式に販売元の許可を得ることなく・特許期間を守ることなく作られたものばかりで、正確にはジェネリックではなくあくまでコピー版に過ぎないからです。
将来的にも日本国内で正規品が流通することはないでしょう。とはいえ、決して危険だからやめた方がよいとは言い切れません。
これらのコピー版を手に入れるためにはインドを含め海外から個人輸入で購入しなければならないのです。
インターネットを通じてのやり取りとなるため、ややこしい輸入手続きを代行してくれる業者の中に悪徳業者が混じっていることが多いのです。
ただ単に安いところを選んで購入するのはやめましょう。
偽物が混じっていたり、添加物が入った劣悪なものであったり、そういったものを服用することになるのが危険なのです。信頼できるところを選べば大丈夫です。
病院で処方してもらう場合、普段から常用している薬や既往歴を伝えてあるため併用禁忌や注意という場合には医師から伝えてもらえるはずです。
服用方法についても説明があるでしょう。
一方、個人的にインターネットで手に入れるとなると何の説明もありません。だからこそ危険なのです。
信頼できるところから購入し、正しい知識を身につけた上で服用するのであれば怖いものはありません。
むしろ、わざわざ病院に行く手間もなくなりますし、交通費もかからず薬代自体も安いため大変お得に手に入るのです。

関連記事